【中国留学】交通機関のダイヤやマナーに驚愕。大学の勉強はペースが速くて必死。

2017/1/12(木) 海外留学

大学生の頃に、交換留学生として中国の方へ海外留学していました。
期間はおよそ2ヶ月だったのですが、その間には本当に色々な体験ができました。

そもそも海外は私の小学生のときからの夢であり、日本にはない文化を勉強するのが目的でした。ですから学問というよりは、その土地の生活のスタイルや国民の価値観を主に勉強させてもらいました。

中でも驚いたのは、交通機関のダイヤやマナーです。
留学中はホームステイ先からスクールバスを使って現地の大学に通っていたのですが、最大で30分遅れてバスが来ることがありました。
待てども待てども来ないものですから焦ってしまったのですが、現地の学生は至って冷静だったのでこれが普通なのでしょう。

そして列を作って待っている際には、割り込みされることも当たり前でした。
少し日本にいたときから聞いてはいたものの、リアルな光景を見たときには驚きを隠せませんでした。
もちろんこうした行為は一部の人しかやっておらず、素敵な人の方が多かったです。
ですが日本に比べると目立つなという感想を持たざるを得ませんでした。

大学では勉強のペースが早く、他の生徒がそれにしっかり追随しているのに圧倒されました。
私は軽くですが中国語が理解できていたので何を言っているか大体解りはしましたが、授業となるとまた別なのだなと思いました。
休み時間は先生や他の生徒に授業内容を補完してもらうのに精一杯で、まともにゆっくり過ごすことはできませんでした。

そんなこんなで、私の留学生活は様々な洗礼を受けた思い出でいっぱいです。
ホームステイ先の家族がすごく優しくて日本を好きな人だったので、あの人たちの支えがなければ途中リタイアもあったかもしれません。
一番の収穫はこの出会いでした。

想像していたような華やかな経験がなかなかできませんでしたが、ほんの僅かながら自分に自信が持てるようにもなったので、その後の日本の生活はより充実したものとなりました。
今はもう社会人ですので留学という形は厳しいでしょうが、またいつか海外で暮らす機会があれば嬉しいなと思っています。