転勤族の我が家が心がけている節約術・テクニックは「コンパクトな住まい」。電気代/月2000~2800円、ガス代/月2000~2500円のその秘訣とは?

2017/1/11(水) 節約術

私が普段の生活の中で心がけている節約術・テクニックは「コンパクトな住まい」です。
どのくらい節約しているのかというと、電気代は大人二人住まいで月2000~2800円ほどです。
夏場、夜にエアコンを使っていても3000円切ります。
わが家は転勤族で、2年ほどで引っ越しがあるのがわかっているので、なるべくコンパクトな家電を揃えています。
テレビは15インチ、冷蔵庫は2ドアと一人暮らし用の家電です。

古い社宅に住んでいるのですがリビングは10畳くらいあるのですが
この部屋は仕切りがないので夏はエアコンの利きが悪く、冬はストーブが温まりにくいのです。
なので、その隣の6畳間を主な生活空間として使っています。
6畳間で寝起き、食事をするので家具もコンパクトなものを使っていて圧迫感を感じさせない、かつ空気が良く通るように物はなるべく置かない暮らしです。
そうするとエアコンの利きもよく28~29℃設定で十分涼しく、ストーブも最小の温度設定で十分すぎるほど暖まります。

月々のガス代も2000~2500円ほどです。
古い社宅なので、お風呂のお湯を貯めても注いでいるそばからすぐ冷めてしまうので
基本はシャワー生活です。
冬場は一番温かい温度で浴びていますが、夏場はガスの量を調整してなるべく低い温度で浴びています。
なので夏場は2000円切ることも度々あります。
お料理は基本、ガス調理ですがまとめて作ることが多く、長時間煮る物は圧力なべを使うようにしています。
温めなおしは二人分以上の物はガスで、一人分の物は電子レンジでと使い分けています。
これを人に話すと、すごい節約しているといわれるのですが私からするとこれが身の丈に合った生活であまり節約しているといった感覚はありません。
頑張って節約しようと思うと無理がでてきたり、辛さやストレスを感じるのも不本意ですのでできることから続けていくのが、ムダを少しずつ省いていくのが無理のない節約だと思っています。